事務局便り

主催者フォーラム確定第六弾、まちづくりと図書館について語ります!

図書館がまちを変える-まちづくり活動の拠点としての多機能図書館のあり方を考える-

※本フォーラム名については変更の可能性がありますので,ご注意ください。

  • 日時:10月30日13:00-14:30
  • 会場:展示会場内
  • 主催:図書館総合展運営委員会、NPO全国生涯学習まちづくり協会/株式会社図書館流通センター(共催)
  • コーディネーター:
    • 福留 強(聖徳大学生涯学習研究所長・聖徳大学名誉教授/NPO全国生涯学習まちづくり協会理事長)
  • シンポジウム:
    • 原口 泉(志學館大学教授、鹿児島県立図書館館長)
    • 坪田知広(文部科学省生涯学習政策局社会教育課課長)
    • 大木 哲(神奈川県大和市市長)
    • 谷一文子(株式会社図書館流通センター会長)
  • 申込: 定員に達しましたので締めきりました

概要
・図書館はまちづくりにどのような役割を果たしているのか?まちづくりを考える人々に、図書館がそのもっとも基本にあるということを理解してほしい。
・自治体のまちづくり担当者たちがまず考えるべきこととして図書館づくりが挙げられるが、その場合の、図書館の活かし方を話し合うとともに、今後のあり方を提言する。

主催者フォーラム確定第六弾、いま一番話題の図書館について市長をお招きします!

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。いま、図書館界では最も注目を浴びている武雄市立図書館について、昨年は 指定管理者制度の最前線-地方分権時代における図書館の可能性 を開催しました。そして、昨年に引き続き今年もフォーラムを開催いたします。

“武雄市図書館”を検証する-ニュースとなった〈武雄〉から〈公共図書館界〉がみえてくる-

  • 日時:10月30日10:30-12:00
  • 会場:展示会場内
  • 主催:図書館総合展運営委員会
  • パネリスト:
    • 樋渡啓祐(佐賀県武雄市長)
    • 糸賀雅児(慶應義塾大学文学部教授)
    • 高橋 聡(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社プロジェクトリーダー)
  • コーディネーター:
  • 申込:定員600名に達しましたので、締め切らせていただきました

概要
あれだけ図書館界で議論を巻き起こしてきたカルチュア・コンビニエンス・クラブ運営による武雄市図書館は、今春、開館するや、一般ニュースとして、ほぼ好意的に報道されるようになりました。この差は何なのか。

主催者フォーラム確定第五弾、公立図書館での防災意識について!

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。公立図書館においても防災意識や危機管理が求められており,本フォーラムでは実際の取組みついて解説します。

h3.

主催者フォーラム確定第五弾、立教大学の1年からを解説して頂きます!

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。立教大学の池袋図書館開館から1年という節目にあたり,その概要と利用状況,またその設計に至るまで解説していただきます。

伝統と革新の新図書館-立教大学池袋図書館開館から1年-「本気で勉強したくなる図書館」をめざして

  • 日時:10月31日10:00-11:30
  • 会場:第4会場
  • 主催:図書館総合展運営委員会
  • 講師:
    • 小圷 守(立教大学図書館)
    • 原田由紀(株式会社日建設計)
  • 申込: 定員に達しましたので締めきりました

概要
(1)「本気で勉強したくなる図書館」をめざして。最大収蔵冊数200万冊、閲覧席数1,520席を擁する池袋図書館は、図書館としての基本性能を徹底的に高めるとともに、2種類のグループワークの“場”や貸出ノートブック300台を含めPC600台を備え、現代の“学び”に求められる機能をハード・ソフトの両面から実現した。小圷守(立教大学図書館)

(2)歴史と伝統を継承し、次の100年へ。立教大学は池袋にキャンパスを移してから、間もなく100年を迎える。

主催者フォーラム確定第五弾、ALAから講師をお招きしてアメリカの図書館について講演します!

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。今年はALAから講師をお招きしてアメリカの図書館について講演して頂きます。

アメリカにおける図書館と図書館司書の変革-新たに課せられた役割とミッション達成に向けて-

  • 日時:10月29日15:30-17:00
  • 会場:第4会場
  • 主催:図書館総合展運営委員会
  • 講師:
    • マイケル・ダウリング(ALAアメリカ図書館協会国際関係部及び支部関係部部長)
  • 申込:定員に達しましたので締め切りました

概要
今、アメリカの図書館、図書館サービス、図書館司書は、変化し続ける環境に順応し、地域とともに直面する課題を乗り越えるべく変革を求められています。24時間対応を求められるネット環境や電子書籍、次々と生まれる新しい技術などに対し、アメリカの図書館はどのように変容しているのでしょうか。既存の空間をいかに利用者にとって心地の良い環境に作りなおしているのか、地域との連携やコミュニケーションはどのように図られているのか、新たなニーズに応えるためにどんな工夫がなされているか、など様々な観点から米国の図書館業界を俯瞰します。

主催者フォーラム確定第四弾、東京の図書館再生計画!

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。慶應大学文学部の糸賀教授がコーディネーターをつとめ、現職の図書館長と東京の図書館について講演していただきます。

続・東京の図書館再生計画

  • 日時:10月31日15:30-17:00
  • 会場:第1会場
  • 主催:図書館総合展運営委員会
  • 講師:
    • 竹内庸子(東京図書館制覇!管理人)
    • 藤牧功太郎(新宿区立中央図書館長)
    • 村田里美(墨田区立ひきふね図書館長)
  • コーディネーター:
    • 糸賀雅児(慶應義塾大学教授、前東京都立図書館協議会副議長)
  • 申込: 終了しました

主催者フォーラム確定第四弾、話題の電子書籍と出版社、技術動向、図書館のデジタル化まで!

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。話題の電子書籍について今年も主催者フォーラムで扱います。去年の主催者フォーラムでは、 デジタル環境下における出版ビジネスと図書館-競合から協同へ- や、 津田大介と語る図書館-図書館へのメッセージ- を開催いたしました。

h3.

主催者フォーラム確定第四弾、今年も学術コミュニケーションについてフォーラムを行います。

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。毎年実施しております学術コミュニケーションの動向を今年も開催いたします。 学術コミュニケーションの動向2011学術コミュニケーションの動向2012 は、Ustream中継録画もありますので、ぜひご覧ください。Ustream中継録画はこちら→ 学術コミュニケーションの動向2011学術コミュニケーションの動向2012

学術コミュニケーションの動向2013年-MOOCの出現と学習資源流通構造の変貌-

  • 日時:10月30日10:00-11:30
  • 会場:第1会場
  • 主催:図書館総合展運営委員会
  • 講師:
    • 土屋 俊(大学評価・学位授与機構教授)
  • 申込: 終了しました

企画者からのひとこと
「紙の本とデジタルの本は同じ土俵にはいない」…元千葉大図書館長でもある氏が長らく予見してきたことが現実になってきた。

主催者フォーラム確定第三弾、意外と知らない専門図書館についてその魅力と実力を語ります。

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。専門図書館について、その実態をよく知らないといった図書館員も多いのではないでしょうか。本フォーラムでは、その魅力や実力について講演いたします。

h3.

主催者フォーラム確定第三弾、ICT教育と図書館について活用事例を通して考えます。

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。情報技術の発達によって、学校教育にも変化が見られます。そのなかで、果たして図書館はどう対応してくなのか、事例を通して考えます。

h3.



このエントリーをはてなブックマークに追加