事務局便り

図書館総合展特別企画オプショナル・ツアー 続報!

第15回図書館総合展では、パシフィコ横浜でのフォーラムとブース展示が終わった翌日の2013年11月1日(金)に、特別企画として以下のオプショナル・ツアーを開催しますことはすでにお伝えいたしましたが、下記施設では図書館総合展見学ツアーのみの特別ツアーを予定しております。ぜひともご参加ください。

印刷博物館

p=.

「図書館へのおすすめ本」出展者一覧

図書館総合展特別企画オプショナル・ツアー&オープンMLA 2013 in ヨコハマ

第15回図書館総合展では、パシフィコ横浜でのフォーラムとブース展示が終わった翌日の2013年11月1日(金)に、特別企画として以下のオプショナル・ツアーを開催します。

ぜひ、ご参加ください。

また、10月28日(月)から11月1日(金)にかけて、横浜湾岸部の博物館・美術館、図書館等のご協力を得て、 オープンMLA 2013 in ヨコハマ を開催します。期間中、20を超える横浜のMLA機関がみなさまの来場を歓迎しますので、ぜひこれらの施設をご訪問ください。

個別見学ツアー

以下の6施設を見学するツアーです。施設ごとに個別にお申込ください。時間内の移動が可能であれば、複数の施設の見学をお申込いただけます。

h3.

Library of the Year 2013の優秀賞・最終選考対象が決定、最終選考会は10月29日(火)に開催

Library of the Year 2013-よい図書館を「よい」と言う-

「 Library of the Year 」は、これからの日本の公共図書館のあり方を示唆する、先進的な活動を行っている機関(図書館に限らない)に対して、特定非営利活動法人 知的資源イニシアティブが毎年授与する賞で、8回目となりました。今年も、優秀賞・最終選考対象が決定し、公開の最終選考会を図書館総合展にて開催します。

今年の優秀賞受賞(大賞ノミネート)機関と、プレゼンター、審査員(敬称略)は次の通りです。

優秀賞受賞(大賞ノミネート)機関とプレゼンター

  • 長崎市立図書館:舟田彰(川崎市教育委員会)
  • まちライブラリー:千野信浩(ダイヤモンド社)
  • 日比谷図書文化館:小林麻実(六本木ライブラリー )
  • 伊那市立図書館:小田光宏(青山学院大学)

h3.

10月29日(火)、図書館総合展運営協力委員主催の交流会を開催します。

図書館総合展運営協力委員主催の交流会を開催します。

図書館総合展大交流会2013

  • 日時:2013年10月29日(火)19:00-21:00 (受付開始18:30~ )
  • 会場:ラ・パウザ 馬車道店(〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビル1F)
  • 最寄駅:JR関内駅 徒歩5分/横浜市営地下鉄 関内駅 徒歩2分/みなとみらい線馬車道駅 徒歩3分
  • 会費:3000円(予定)
  • 定員:100名
  • 申込、問い合わせ: 定員に達したため〆切ました
  • 申込締切:2013年10月27日(日)17時まで
  • 主催: 図書館総合展運営協力委員
  • 後援:図書総合展運営委員会

図書館総合展(2013年10月29日~10月31日)の開催にあたって、参加者同士の交流の機会を設けるべく、29日(火)の夜に 図書館総合展協力委員主催の交流会を開催いたします。

図書館総合展運営委員会、後援イベント開催告知

図書館総合展の開催がいよいよ来月となりました。第15回図書館総合展の開催終了後の11月2日(土)に、大学図書館問題研究会主催の第22回大図研オープンカレッジ「CiNiiガイダンスバ図ル(バトル)」が開催されます。図書館総合展運営委員会も後援していますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

後援イベント告知

毎年秋に開催している大図研オープンカレッジ(DOC)ですが、第22回となる今回はCiNiiのガイダンテクニックを競い合う「ガイダンスバトル」をテーマに開催することとなりました。 NIIの大向一輝氏をゲストコメンテーターにお迎えし、Ustreamで中継を行う予定です。バトル形式ですので、今回は聴講だけでなく出場して下さる方々を募集します。 つきましては下記の概要をご覧いただき、ぜひエントリーして頂きたく、ご案内させて頂きます。

第22回大図研オープンカレッジ「CiNiiガイダンスバ図ル(バトル)」

  • 日時:2013年11月2日(土) 14:00-17:00
  • 会場:日本図書館協会 2階研修室
  • 募集人員:4~6組(1名以上であれば1組の人数は問いません)
  • 内容:CiNiiの機能と役割の紹介
    • スタンダードな紹介でも裏ワザ的な紹介でも可。
    • 紹介対象は学部学生を想定してください。

主催者フォーラム確定第七弾、図書館総合展運営協力委員によるフォーラムを開催します。

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。 図書館総合展運営協力委員 による地方展開のこれまでとこれからについてフォーラムを開催します。

図書館総合展運営協力委員フォーラム「図書館総合展の地方展開が拓く可能性──これまでとこれから」

概要
2011年5月の京都市での開催から始まった図書館総合展の地方展開は、その後、仙台市(2012年)、熊本市(2013年)、伊勢市(2013年)と続き、来る2014年には、岡山市や白河市等での開催を予定しています。

明日、8月29日(木)に第15回図書館総合展出展者説明会を開催します。

図書館総合展出展者説明会

  • 日時:2013年8月29日(木)15:00~
  • 会場: パシフィコ横浜 アネックスホールF205

出展者説明会では、すでに出展経験のある企業とはじめて出展する企業に分かれて説明会を実施いたします。
具体的には、はじめに両方へ共通する部分を説明後に、出展経験企業、フォーラムと出展経験企業、初回出展企業に分かれます。ご参集のほど、よろしくお願い申し上げます。

インタビュー 澁田勝さん 獨協大学図書館

 澁田さんは、大学図書館にお勤めで、ご自身のブログ『 しぶろぐ(努力の上に花が咲く) 』で、図書館に関する記事を執筆されています。そのブログでは、「 図書館総合展、これまでのポスターセッションを振り返る 」や「 Library of the Year(ライブラリーオブザイヤー)2013 候補を考える&まとめ 」等、 図書館総合展運営協力委員 として積極的に情報発信をすることで図書館総合展を盛り上げてくださっています。参加者として、また運営協力委員として、図書館総合展を初めて訪れる人へのアドバイスや魅力についてうかがいました。

p=.

主催者フォーラム確定第七弾、国立国会図書館館長をお迎えして講演していただきます。

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。国立国会図書館は、国内最大の図書館でありながら、 インターネット資料収集保存事業(WARP)や、 NDL東日本大震災アーカイブひなぎく国立国会図書館デジタル化資料の配信といった先進的な取り組みを行っています。本フォーラムでは、国立国会図書館がこれから歩む道について、大滝館長をお迎えします。

国立国会図書館がこれから歩む道

  • 日時:10月29日10:00-11:30
  • 会場:展示会場内
  • 主催:図書館総合展運営委員会
  • 講師:
    • 大滝則忠(国立国会図書館館長)
  • 聞き手:
    • 岡本 真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサー)
  • 申込: 定員に達しましたので締め切りました

概要
2012年に新たに策定された「私たちの使命・目標2012-2016」と2013年に示された「戦略的目標」を参照しつつ、国立国会図書館が向かおうとしている方向性と使命を大滝館長に司会との座談形式で語っていただきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加