窪山朝子・石川敬史

「クロス」する図書館づくりへの挑戦

団体: 十文字学園女子大学 ライブラリーサポーター

人物: 窪山朝子・石川敬史

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
1
テーマ: 

「クロス」する図書館づくりへの挑戦

ひとことPR: 
図書館と学生がクロスする「場づくり」を目指しています!
出展団体名: 
十文字学園女子大学 ライブラリーサポーター
URL: 
http://www.jumonji-u.ac.jp/
担当者: 
窪山朝子・石川敬史
対象者: 
公共図書館関係者
機関・企業図書館関係者
大学・短大・高専図書館関係者
小・中・高学校図書館関係者
博物館・美術館・公文書館関係者
その他の行政関係者
学生
一般

2011年に十文字学園女子大学ライブラリーサポーターは発足しました。ライブラリーサポーターとは、図書館を良くしていこうという有志の学生団体です。活動内容の主軸となっているのは、主に4つです。

まず1つ目に図書館に入れる本を購入する「選書ツアー」。この活動では、十文字学園女子大学の生徒に読んで欲しい本を自分たちで選んでいます。一人ずつで選ぶこともありますが、ペアになってテーマを絞って選書したりするなど、選書の仕方についても学んでいます。
2つ目の活動は、「クロス」という不定期図書館情報誌を発行です。この情報誌では、図書館長へのインタビューを掲載したり、図書館の展示を紹介したり、図書館に関わる情報を学生へ伝えています。図書館の上手な使い方紹介するコーナーでは、図書館員の方も記事を書いています。私たち学生の視点でつくられた情報誌のため、ビジュアルを重視し、写真や図をたくさん用いています。
3つめの活動は、「図キャラ」制作です。この活動は、学生の公募により図書館のゆるキャラクター(図キャラ)を作っていくという企画です。学生の応募の中から投票で決めていきます。学長にも承認いただき、責任感の強いやりがいのある活動です。
最後の4つ目は、この図書館総合展への展示・報告です。年に一回の展示で、私たちが実施した活動をデザインし表現していきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加