フォーラムのタイトル
日本におけるMOOCsはどうなるのか? 詳細ページ
フォーラムの概要
フォーラムの内容
米国を中心に始まったMOOCs(Massive Open Online Courses)と呼ばれる大規模公開オンライン授業は、東京大学のCourseraへの参加、京都大学のedXへの参加と、日本国内でも徐々に広がりをみせつつあります。こうした海外プラットフォームへの参加のみならず、より積極的な活動が日本国内から立ち上がってくるのでしょうか? また、MOOCsに対して図書館員が考えておくべきことがあるのでしょうか? 本フォーラムでは、図書館事情と絡めながら、日本におけるMOOCsの近未来像について議論します。
発表者:
  • 司会進行:山地一禎(国立情報学研究所)
  • パネリスト:山田恒夫(放送大学)
  • パネリスト:三瓶 徹(日本電子出版協会)
  • パネリスト:逸村 裕(筑波大学)
  • パネリスト:堀 真寿美(帝塚山大学TIES教材開発室)
  • パネリスト:井上 仁(九州大学)
対象者:
  • 大学・短大・高専図書館関係者
関連フォーラム:
  • 10月30日(水)10:00~11:30 第6会場
  • 10月30日(水)15:30~17:00 第6会場
申し込み・問い合せ先
上記までご連絡ください。
関連リンク
この主催者の他のフォーラムを見る: 国立情報学研究所(NII) 
この講師陣の他のフォーラムを見る: 山地一禎 山田恒夫 堀真寿美 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 10月30日(水) 13:00-14:30


このエントリーをはてなブックマークに追加