フォーラムのタイトル
公共図書館の電子化モデルについて
公共図書館における電子図書館サービスについての現状と課題
フォーラムの概要
会場 : 展示会場内
日時 : 10月29日(火)
時間 : 10:30-12:00
主催 : 一般社団法人電子出版制作・流通協議会/電子出版制作・流通協議会(企画・運営)
フォーラムの内容
電子書籍専用端末やタブレットの普及で電子書籍は身近なものとなっています。しかし、全国約3000館あります公立図書館において電子書籍を導入している図書館はまだ20館に満たない状況です。  このような状況の中、電流協では、今年5月に全国の公共図書館360館を対象にしたアンケートを実施いたしました。今回はこのアンケート結果等をふまえ、公共図書館は今後どのようにして電子書籍の提供を含めた電子図書館サービスをどのように導入していったらいいか、また、電子の時代に向けて図書館はどうあるべきかという問題について具体的に電子図書館サービスを導入の検討している公立図書館関係者及び、国立国会図書館の関係者の発表とともに、それぞれの意見交換を実施して、課題の整理と問題解決の方向性について参考となることを予定しています。
※参加料:電流協会員・公共図書館関係者無料、一般有料(2,000円)
発表者:
  • 講師:豊田高広(田原市図書館館長)
  • 講師:米田渉(成田市生涯学習部図書館主査)
  • 講師:廣瀬信己(国立国会図書館 電子情報部電子情報企画課 課長補佐)
  • 司会:満尾哲広(フルライトスペース株式会社代表取締役)
対象者:
  • 公共図書館関係者
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
申し込み・問い合せ先
上記までご連絡ください。
関連リンク
この主催者の他のフォーラムを見る: 一般社団法人電子出版制作・流通協議会 
この講師陣の他のフォーラムを見る: 豊田高広 米田渉 満尾哲広 廣瀬信己 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 10月29日(火) 10:30-12:00


このエントリーをはてなブックマークに追加