フォーラムのタイトル
国立国会図書館レファレンス協同データベース事業の内容と活用例
フォーラムの概要
会場 : 第5会場
日時 : 10月29日(火)
時間 : 10:00-14:30
主催 : 公益社団法人全国学校図書館協議会
フォーラムの内容
国立国会図書館は、レファレンスサービスや調査研究活動を支援するために、「レファレンス協同データベース事業」を実施しています。これは、学校図書館、公共図書館、大学図書館、専門図書館、国立国会図書館等が協同でレファレンス事例や調べ方等を蓄積し、データベースとしてインターネットで提供している事業です。この事業に参加することで、レファレンスサービスのデータを共有化して相互に参照できるだけでなく、自館のレファレンスデータベースとして活用することもできます。本セミナーでは、午前中国立国会図書館のご担当の方にレファレンス協同データベースの目的や内容を講義していただき、午後は、実際に学校現場でレファレンス協同データベースを活用している事例を発表していただきます。
発表者:
  • 講師:兼松芳之(国立国会図書館関西館図書館協力課課長補佐)
  • 発表者:田子環(神奈川県立横浜南陵高等学校学校司書)
対象者:
  • 公共図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
  • 小・中・高学校図書館関係者
申し込み・問い合せ先
  • 公益社団法人全国学校図書館協議会
上記までご連絡ください。
関連リンク
この主催者の他のフォーラムを見る: 公益社団法人全国学校図書館協議会 
この講師陣の他のフォーラムを見る: 兼松芳之 田子環 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 10月29日(火) 10:00-14:30


このエントリーをはてなブックマークに追加