フォーラムのタイトル
チーム医療を支えるライブラリアン
日本語コンテンツの果たす役割
フォーラムの概要
会場 : 第3会場
日時 : 10月29日(火)
時間 : 15:30-17:00
主催 : 特定非営利活動法人医学中央雑誌株式会社医学書院
フォーラムの内容
「医療情報を得る上で日本語コンテンツって必要なの?」 「そもそも医療系日本語コンテンツってあるの?誰が使うの?」 「医療情報は海外のデータベース導入が優先で、日本語コンテンツはその次?」 医療に関わる日本語コンテンツについて、上記のような疑問を抱えている図書館スタッフは多いのではないでしょうか? 今回、医療系日本語コンテンツである「医中誌Web」、「MedicalFinder」、「今日の診療」を導入している施設の医師と図書館司書からそれぞれの施設での活用方法や利用の実態についてお話しいただきます。講演終了後には、日本語コンテンツは魅力的かつ導入価値の高い情報リソースであることを再発見いただけること間違いなしです。是非、足をお運びください。
対象者:
  • 公共図書館関係者
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
申し込み・問い合せ先
上記までご連絡ください。
関連リンク
この主催者の他のフォーラムを見る: 特定非営利活動法人医学中央雑誌/株式会社医学書院 
この講師陣の他のフォーラムを見る: 門川俊明 諏訪部直子 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 10月29日(火) 15:30-17:00


このエントリーをはてなブックマークに追加