フォーラムのタイトル
あなたなら病気のこと「どう調べる?」「どう答える?」──地域の中で情報支援! 詳細ページ
図書館としてできること
フォーラムの概要
会場 : 第3会場
日時 : 10月29日(火)
時間 : 13:00-14:30
主催 : 特定非営利活動法人 日本医学図書館協会/日本薬学図書館協議会
フォーラムの内容
現代の医学は治療方法や医薬品等の選択が多様化しています。納得して医療を受けるためには、患者さんや家族が選択に関わらなくてはなりません。そこで医療・健康情報の提供が欠かせず、図書館の役割はより大切になります。 地域住民や医療従事者の求めに対し、公共図書館、大学図書館、病院図書室、患者図書室、関係機関はどのように連携して、情報支援ができるでしょうか。西氏は、患者さん・ご家族を含めた地域住民、専門看護師、図書館員などへ情報共有を図る会「がんサロン」を主催しています。常世田氏は元図書館員であり様々な図書館をご存知です。お二人に地域の利用者を見つめた医療・健康情報の提供について語っていただきます。病院、図書館、企業、NPO、ボランティア、住民が、地域で支え合うためにできることを話し合いましょう。
※参加者同士の意見交換もあります。
発表者:
  • パネリスト:西智弘(川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター腫瘍内科/緩和ケア内科)
  • パネリスト:常世田良(立命館大学文学部教授)
対象者:
  • 公共図書館関係者
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
  • 小・中・高学校図書館関係者
  • その他の行政関係者
  • 出版・書店関係者
  • 学生
申し込み・問い合せ先
上記までご連絡ください。
関連リンク
この講師陣の他のフォーラムを見る: 西智弘 常世田良 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 10月29日(火) 13:00-14:30


このエントリーをはてなブックマークに追加