フォーラムのタイトル
進化する学術コミュニケーションツールとオープンデータの様相 詳細ページ
~図書館の果たす役割~
フォーラムの概要
会場 : 第1会場
日時 : 10月29日(火)
時間 : 15:30-17:00
主催 : ネイチャー・パブリッシング・グループ/デジタル・サイエンス
Twitter : https://twitter.com/naturejapan
Facebook : https://www.facebook.com/NatureJapan
フォーラムの内容
ネイチャー・パブリッシング・グループの姉妹会社であるデジタル・サイエンスでは、革新的な学術コミュニケーションツールを開発する多くのベンチャー企業をパートナーに迎え支援してきました。当フォーラムでは、デジタル・サイエンスのパートナーのひとつであるfigshareの創立者、マーク・ハーネル氏を迎え、図表や動画などの様々な研究成果を引用可能なオープンデータとしてウェブ上で共有する当社のリポジトリサービスをご紹介します。また、弊社アナリストの宮入暢子が、figshareやAltmetric、ReadCubeなど、デジタル・サイエンスが提供するソリューションを事例として、学術コミュニケーションがウェブ上で急速に進化しつつある昨今、研究者が図書館に求める研究支援の将来を展望します。
発表者:
  • 講師:MarkHahnel(figshare,Founder)
  • 講師:宮入暢子(ネイチャー・パブリッシング・グループ、コンサルタント/アナリスト、アジアパシフィック)
対象者:
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
申し込み・問い合せ先
上記までご連絡ください。
関連リンク
この講師陣の他のフォーラムを見る: MarkHahnel 宮入暢子 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 10月29日(火) 15:30-17:00


このエントリーをはてなブックマークに追加