フォーラムのタイトル
マイクロフィルムの知られざる特性と情報の保存
デジタルとの共存を目指して
フォーラムの概要
会場 : 第1会場
日時 : 10月29日(火)
時間 : 13:00-14:30
主催 : 文化資産としてのマイクロフィルム保存に関する基礎研究班/雄松堂書店/インフォマージュ
Twitter : https://twitter.com/timewithbooks
フォーラムの内容
マイクロフィルムは、劣化問題や、デジタルの登場により相対的価値が低下しているように見受けられます。一方で我々は、マイクロフィルムの歴史的、技術的、資料的な特性・価値について、深く理解しないままに複製物ということで軽く扱い、便利だというだけでデジタルへの依存度を高めています。そこで本フォーラムでは、マイクロフィルムに関する表面的な知識の提供ではなく、「技術」「化学構造」「資料価値」といったモノとしての本質に着目して議論することで、劣化に対する解決の糸口や、デジタルデータとの共存の方向を見出しつつ、図書館や博物館における情報保存の意味を考えます。また、本研究班による訪問調査や4年制大学図書館、都道府県立図書館への質問紙による悉皆調査から得られた最新の研究成果を報告します。
発表者:
  • 講師:小島浩之(東京大学経済学部講師)
  • 講師:安形麻理(慶應義塾大学文学部准教授)
  • 講師:野中治(元・富士フィルム(株))
対象者:
  • 公共図書館関係者
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
  • 博物館・美術館・公文書館関係者
申し込み・問い合せ先
上記までご連絡ください。
関連リンク
この講師陣の他のフォーラムを見る: 小島浩之 安形麻理 野中治 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 10月29日(火) 13:00-14:30


このエントリーをはてなブックマークに追加