電子リソース管理システム "Next-L Enju ERMS"

団体: 独立行政法人物質・材料研究機構

人物: 田辺浩介

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
28
テーマ: 

電子リソース管理システム “Next-L Enju ERMS

出展URL: 
https://library.nims.go.jp/
ひとことPR: 
電子ジャーナルのコスト計算をお手軽に実現。Next-L Enjuシリーズの新作です。
出展団体名: 
独立行政法人物質・材料研究機構
URL: 
http://www.nims.go.jp
担当者: 
田辺浩介

 電子ジャーナルや電子ブックなど、電子リソースのコスト管理、すなわち購入費と利用状況の管理は、図書館にとって従来の紙版の図書管理に加えて喫緊の課題です。
 特に、出版社・学会ごとに分散するオンラインジャーナルや電子書籍の利用数(COUNTER準拠のアクセス状況)を収集し、支払った購読費と元にコストパフォーマンス(Return on investment)を管理することは大きな業務量です。
 私たちは、この業務を正確かつ効率的に処理し、図書の予算化や費用対効果の検証を活かすことを目標に、SUSHIプロトコルを使ったCOUNTER準拠の統計の機械的な取得と、電子リソースの購読コスト計算を行うシステムを独自開発しました。
 運用中の図書館システム(Enju)の追加機能として実装し、図書館業務に導入したことで、どのように業務が効率化されたかをご紹介します。

ポスターセッション在席表



このエントリーをはてなブックマークに追加