図書館サービス改善を目指した実践的授業~鶴見大学図書館員と学生のコラボレーション~

団体: 鶴見大学文学部ドキュメンテーション学科

人物: 原田智子

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
8
テーマ: 

図書館サービス改善を目指した実践的授業~鶴見大学図書館員と学生のコラボレーション~

ひとことPR: 
図書館員と学生が共に良くする大学図書館サービス
出展団体名: 
鶴見大学文学部ドキュメンテーション学科
URL: 
http://www.tsurumi-u.ac.jp/departments/literature/library/
担当者: 
原田智子

鶴見大学図書館では、さまざまなユニークな取り組みを実践しているが、学生からの視点や要望を理解し、学生の望むサービスにも取り込んでいく必要がある。そこで、本学図書館の図書館サービスを学生の視点から改善することを目的として、文学部ドキュメンテーション学科の授業「情報サービス各論Ⅱ」(3年生選択科目通年開講)で、学生アンケート調査および図書館員へのインタビューを通じて、改善提案を行っている。アンケートおよびインタビューの分析結果について、図書館員参加のもとに学生による報告会を開催している。とくにインタビューの準備から実施、改善案の提案まで、学生と図書館が密接なコラボレーションすることにより、学生の目線から見た情報サービスの改善やPR方法を提案している。ポスターセッションでは、その概要を紹介する。

ポスターセッション在席表



このエントリーをはてなブックマークに追加