成長する図書館~ラーニング・スクエアでできるようになった7つのこと~

団体: 筑波大学附属図書館

人物: 人物: 兼松・石津・上原・斎藤・嶋田・田村・中原・西島・村尾

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
22
テーマ: 

成長する図書館~ラーニング・スクエアでできるようになった7つのこと~

ひとことPR: 
学生・教職員のコラボレーションと創意工夫で成長する図書館です
出展団体名: 
筑波大学附属図書館
URL: 
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/
Twitter: 
https://twitter.com/tsukubauniv_lib
Facebook: 
http://www.facebook.com/tsukubauniv.lib/
担当者: 
人物: 兼松・石津・上原・斎藤・嶋田・田村・中原・西島・村尾
対象者: 
その他の行政関係者
学生
一般

平成23年9月に開設した筑波大学中央図書館ラーニング・スクエアは、「インプットからアウトプットまでの知的創造活動と、交流・協働のトータルサポート」をコンセプトとした学習支援環境です。「学生たちが気軽に集い、学び、教え合う学びの空間」「多様な学習スタイルに応じて姿を変える万華鏡空間」「学生同士の交流や諸活動の“見える化”により知的好奇心を刺激して、学びの相乗効果を生み出す空間」を目指しています。

ラーニング・スクエアは、図書館職員によるWGが運営しています。特別な改修工事を行わずにWGメンバーの創意工夫で作り出した空間は、ラーニング・アドバイザー等による学習支援活動の充実や、学生・教職員の知的創造活動とのコラボレーションを通じて、新たな知的交流の場として日々成長しています。

本ポスターでは、ラーニング・スクエアの歩みを振り返り、本空間の設置によりできるようになった7つのことをまとめ、発表します。

ポスターセッション在席表



このエントリーをはてなブックマークに追加