QR図書館ガイド実践──青山学院女子短期大学図書館におけるQRコードを活用した図書館案内──

団体: 青山学院大学大学院教育人間科学研究科「情報マネジメント研究」ゼミナール

人物: 塩月真布由

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
43
テーマ: 

QR図書館ガイド実践──青山学院女子短期大学図書館におけるQRコードを活用した図書館案内──

ひとことPR: 
自分でデザインする図書館ツアー
出展団体名: 
青山学院大学大学院教育人間科学研究科「情報マネジメント研究」ゼミナール
担当者: 
塩月真布由

 当ゼミでは、QRコードを用いた図書館ガイドを制作し、実践しました。このプロジェクトは、海外でもわずかに実践例があるもので、利用者に対して、自主的に図書館について知ることのできる機会を提供するために行われました。今回は、青山学院女子短期大学図書館の協力のもと、QRコードを掲載したパネルを同図書館内に設置しました。事前に、ウェブ上に、排架の案内や設備の使い方などを説明した音声ガイドをアップロードしておき、リンクのURLをQRコードに変換しておきます。利用者は、QRコードを読み取れば、その音声ガイドをダウンロードするページへアクセスすることができ、自由にガイドを参照することができます。実際に、利用者にはパネルの設置箇所が示されたフロアマップを配布し、QRガイドによる図書館ツアーを体験してもらいました。
 この試みは、図書館の状況や利用者のニーズに合わせて、様々なアレンジができることが特徴的です。たとえば、必要に応じて読み取るQRコードの数や順番を変えることによって、フレキシブルに図書館ツアーを設計することができます。また、ウェブ上のファイルを書き換えるだけで簡単に音声ガイドを更新することができます。音声に限らず、画像や文書など他の形式のファイルもガイドとして活用できるようにすることもできます。同一の資料や設備が複数箇所にあるときにも、同一のQRコードを設置することによって、さまざまな場所で同じ音声ガイドを参照することができます。

ポスターセッション在席表



このエントリーをはてなブックマークに追加