学生アドバイザーが変える未来の図書館

団体: 城西大学水田記念図書館 学生アドバイザー

人物: 関口千登世

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
6
テーマ: 

学生アドバイザーが考える未来の図書館

出展URL: 
http://libopac.josai.ac.jp/apply/adviser.html
ひとことPR: 
未来の図書館 いつ見に行くの? 今でしょ!
出展団体名: 
城西大学水田記念図書館 学生アドバイザー
URL: 
http://libopac.josai.ac.jp/
担当者: 
関口千登世
対象者: 
公共図書館関係者
機関・企業図書館関係者
大学・短大・高専図書館関係者
小・中・高学校図書館関係者
その他の行政関係者
学生
一般

 城西大学水田記念図書館では、平成24年度から学生が学生に相談できる「学生アドバイザー制度」を導入し、学部4年生と大学院生が自らの経験を活かし、学習相談に応じています。今回の展示では、学生アドバイザーの活動をご紹介するとともに、学生アドバイザーが考えた「未来の図書館」をご覧いただきます。学生アドバイザー制度はまだ始まったばかりですが、このポスターには学生だからこそ生まれる自由な発想をもとに、図書館をより良いもの、新しいものにしたいという願いも込められています。ぜひ、足を止めてみてください。見たことのない図書館、見てみませんか!

ポスターセッション在席表



このエントリーをはてなブックマークに追加