国立大学附属学校における学校図書館のシステム・ネットワークに関する実践的調査研究

団体: 小野永貴・德光亜矢子

人物: 小野永貴

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
39
テーマ: 

国立大学附属学校における学校図書館のシステム・ネットワークに関する実践的調査研究

ひとことPR: 
学校図書館のあるべき未来に向けて社会人学生の立場から研究中!
出展団体名: 
小野永貴・德光亜矢子
担当者: 
小野永貴

私たちは、社会人大学院生として、図書館情報学を学びつつ学校図書館の現場で実践を行っています。具体的には、学校図書館におけるあるべきシステムやネットワークの実現に向けて、以下のような研究活動を行ってまいりました。
・学校図書館の主たる利用者である生徒は、図書館をどのように使い分けているか。
・生徒の情報探索ニーズを満たすために、学校図書館のシステムにはどのような機能が必要か。
・生徒の図書館活用を活性化するために、学校司書はどのような人的連携をとることが可能か。
今回のポスターでは、特に国立大学附属学校を対象に実施したこれらの取り組みについて、概要と進捗状況を報告致します。

ポスターセッション在席表



このエントリーをはてなブックマークに追加