学生とつくる大学図書館──知と遊の融合──

団体: 横浜市立大学学術情報センター学生ライブラリスタッフ

人物: 鈴木冴人

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
33
テーマ: 

学生とつくる大学図書館──知と遊の融合──

ひとことPR: 
学生の目線から幅広い利用者に親しみやすい図書館づくりに取り組んでいます。
出展団体名: 
横浜市立大学学術情報センター学生ライブラリスタッフ
URL: 
http://opac.yokohama-cu.ac.jp/yculs/
Twitter: 
https://twitter.com/Yokoichi_LS
担当者: 
鈴木冴人
対象者: 
公共図書館関係者
機関・企業図書館関係者
大学・短大・高専図書館関係者
小・中・高学校図書館関係者

横浜市立大学学術情報センターでは、学生がライブラリスタッフとして活躍しています。今回のポスターでは、私たち学生の目線から『幅広い利用者に親しみやすい図書館づくり』を考え、活動内容をまとめました。
これまでの活動内容として、『見やすく分かりやすい書架表示の考案』や『本を紹介するポップの作成』、年度始めに行なった『持ち運びやすいリーフレット型の利用案内の作成』、『Web版の利用案内の作成』があります。現在では、ブログ・Twitterによる情報発信の拡大やオリジナルキャラクターの考案等、より親しみやすい大学図書館をつくるべく日々活動しています。
ポスターには、私たちの活動を知っていただくため、イラストや写真を盛り込み、図書館がどう変わっているのかを一目で分かるようにしました。
学生の視点だからこそできる活動を、学生ならではのアイデアでまとめたポスターとなっていますので、ぜひご覧ください。

ポスターセッション在席表



このエントリーをはてなブックマークに追加