ヴィアックスICT研究部会―すべてのステークホルダーのために―

団体: ヴィアックスICT研究部会

人物: 梶川悦子

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
12
テーマ: 

ヴィアックスICT研究部会―すべてのステークホルダーのために―

ひとことPR: 
図書館サービスを豊かにするために、我々(図書館員)は考えます。
出展団体名: 
ヴィアックスICT研究部会
URL: 
http://www.viax-tosyokan.jp/viax/
Facebook: 
https://www.facebook.com/viaxtosyokan/
担当者: 
梶川悦子
対象者: 
公共図書館関係者
機関・企業図書館関係者
大学・短大・高専図書館関係者
小・中・高学校図書館関係者
博物館・美術館・公文書館関係者
その他の行政関係者
学生
一般

インターネットや情報技術を図書館でも利用する機会が増えてきました。今やこれらを利用した図書館サービスの提供は、必須となっています。みなさまの図書館では、これらを上手く活用することができていますか。図書館サービスを豊かにすることを考えるために、また、図書館で働く社員のスキルアップのために、若手社員を中心に、次の1)~3)を目的とし勉強会を開催しています。

1) ICTを活用した図書館サービスの調査
2) ICTを活用した図書館サービスを実践できるスキルの獲得
3) ICTを活用した図書館サービスの提案と導入

こうした部会活動の成果を基に、受託図書館でのフェイスブックの導入やホームページの改善、タブレット型PCを利用したセミナーや情報検索講習会等を部員が行っています。今回のポスターセッションでは、今までの活動を振り返り、次に繋げていくための総括をいたしました。みなさまにその成果をご覧いただきたいと思います。

ポスターセッション在席表



このエントリーをはてなブックマークに追加