主催者フォーラム確定第六弾、まちづくりと図書館について語ります!

図書館がまちを変える-まちづくり活動の拠点としての多機能図書館のあり方を考える-

※本フォーラム名については変更の可能性がありますので,ご注意ください。

  • 日時:10月30日13:00-14:30
  • 会場:展示会場内
  • 主催:図書館総合展運営委員会、NPO全国生涯学習まちづくり協会/株式会社図書館流通センター(共催)
  • コーディネーター:
    • 福留 強(聖徳大学生涯学習研究所長・聖徳大学名誉教授/NPO全国生涯学習まちづくり協会理事長)
  • シンポジウム:
    • 原口 泉(志學館大学教授、鹿児島県立図書館館長)
    • 坪田知広(文部科学省生涯学習政策局社会教育課課長)
    • 大木 哲(神奈川県大和市市長)
    • 谷一文子(株式会社図書館流通センター会長)
  • 申込: 定員に達しましたので締めきりました

概要
・図書館はまちづくりにどのような役割を果たしているのか?まちづくりを考える人々に、図書館がそのもっとも基本にあるということを理解してほしい。
・自治体のまちづくり担当者たちがまず考えるべきこととして図書館づくりが挙げられるが、その場合の、図書館の活かし方を話し合うとともに、今後のあり方を提言する。

 

左から、福留強(聖徳大学生涯学習研究所長・聖徳大学名誉教授/NPO全国生涯学習まちづくり協会理事長)、原口 泉(志學館大学教授、鹿児島県立図書館館長)



このエントリーをはてなブックマークに追加