主催者フォーラム確定、首長フォーラム本年も!-鯖江市、海士町、恩納村の首長が登場

第15回図書館総合展における図書館総合展運営委員会主催フォーラムが順次確定してきています。昨年も実施しご好評をいただいた 「首長が語る地方行政の現状と図書館への期待」 を本年も実施します。

首長が語る地方行政の現状と図書館への期待2-鯖江市、海士町、恩納村の取り組みに学ぶ

  • 日時:2013年10月29日(火)13:00-15:00
  • 会場:展示会場内
  • 主催:図書館総合展運営委員会
  • 講師:
    • 牧野百男 (鯖江市長)
    • 山内道雄(海士町長)
    • 志喜屋文康(恩納村長)
  • 司会:
    • 岡本 真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサー)
  • 申込: 終了しました

概要
全国各地で特色ある地域づくりを行っている自治体の市長・町長をお招きし、各自治体における地方行政の戦略と、その施策における図書館の位置づけを語っていただきます。行政企画部門の方々のヒントに、また図書館員の方にとっても運営の参考となる内容です。
2回目の開催となる今回は、「データシティ鯖江」というオープンデータ施策を展開する福井県鯖江市、Iターン、Uターンの増加で注目される島根県海士町、観光コーナーをメインとした文化情報センターの新設を進める沖縄県恩納村から首長の方々を迎えます。

※本フォーラムは終了時間が他のフォーラムと異なります(15:00終了)。

牧野百男・鯖江市長 山内道雄・海士町長 志喜屋文康・恩納村長

※左から牧野百男・鯖江市長、山内道雄・海士町長、志喜屋文康・恩納村長。



このエントリーをはてなブックマークに追加